2018年2月5日月曜日

最後の木の葉

イタリア産ナッパラックスレザー使用の
上質キーリング2種
(左/リーフ型・右/靴べら付)


靴べら付きの方は、折り畳んでも使えます。



リーフ型キーリングの反対面↑
小さいながら、職人技が光る逸品!

何故、葉っぱの形なのかと言うと・・
実は「O.ヘンリー」の短編小説「最後の木の葉」が起源なのです。
以下、メーカー説明文↓

 ◆

「あの葉がすべて落ちたとき、私は-」
 
O.ヘンリーの短編「最後の木の葉」の有名な一節です。
画家の恋人が描いたあの一葉と同じく、この木の葉も、職人芸の結晶です。
 
イタリア産のナッパラックス革でできた、木の葉のオーナメントのキーホルダーです。
色違いの革を貼り合わせて葉っぱのかたちに切り出し、
葉脈をステッチで再現しています。
左右非対称のデザインは、職人のこだわりの証。
可愛らしくも握りやすいラインを求めて試作を繰り返し、
縁取りのステッチも一分の乱れもなくかけています。
 
落ちない一葉に掛けて、
(鍵を)落とさないお守りとして、人気のキーホルダーです。


形あるモノに在る、物語ごと大事にしたいですね。


*** 






SOSAKUYA Miyazaki Guest House
Guest House  Tiny
HitoShio design  Hiro.




0 件のコメント:

コメントを投稿